長旅を楽しむために! 交通機関での過ごしかた

飛行機に乗る時間が長いときは

旅行には移動時間がつきものです。特に海外旅行では長時間飛行機に乗らなければいけないこともあります。移動の時間も楽しみのひとつといえますが、長い時間をどのように過ごすのか、あらかじめ考えておくとよいでしょう。本や動画など、座っている時間を有効に使えるコンテンツを自分で持ちこむのもひとつの方法です。また、睡眠時間にあてると体力の回復ができたり、時差ボケを生じにくくさせたりする効果が期待できます。交通機関で座っている時間が長いと、エコノミークラス症候群にかかるおそれがあります。下半身の血行不良により体調を崩す症状なので、足を軽くマッサージするなどの対策をすれば心配はありません。

乳幼児を連れているときは

旅行は家族の思い出を作るのに欠かせないイベントです。幼い子どもを連れて旅行をするのはめずらしいことではありません。子連れの親は、交通機関内で子どもがおとなしく過ごせるかどうか心配する意見もあります。泣き出してしまったりすることを完全に防ぐことは困難ですが、いくつかの対策があるので参考にしてください。飛行機の場合、空港によっては出発ロビーなどに子どもが遊べるスペースが用意されていることがあります。そこで身体を動かして、機内で眠らせるようにするとよいでしょう。基本的な対策として、お気に入りの絵本やおもちゃを持ちこむのも有効です。移動時間が長いと、絵本などがあっても途中で飽きてしまうかもしれないので、初めて見せるものも用意するとよいでしょう。

フラマイレーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です